にきびの治療

にきびの治療

●医薬品による治療
一般的に皮膚科で処方される治療には外用の局所抗菌剤(クリンダマイシン、ナジフロキサシン)や抗炎症剤が用いられています。
それでもよくならない場合はトレノイン(毛穴のつまりをとる)を用いますが、これは日光に過剰な作用があり慎重に処方されます。
●医薬品に頼らない治療
内服薬として多く用いられるのはビタミンB2(皮膚の新陳代謝を促す)、ビタミンB6(皮膚の抵抗力を高める)の他、ビタミンC(色素沈着などを防ぐ)です。

症状による治療

にきびの症状による治療方法をご紹介します。

白にきびの治療

白にきびを炎症させると赤く腫れてしまいますので、炎症を起こさないように、治るのを待ちます。
にきびを刺激しないように、気になっても触らないようにしましょう。
触ることで細菌を運んでしまい悪化させてしまいます。

黒にきびの治療

黒にきびは、黒い点になっていることから、非常に気になるにきびです。
白にきび同様、気になって触ってしまうと炎症を起こしてしまうので、触らないようにしましょう。

赤にきびの治療

症状の軽い場合は塗り薬だけで治療しますが、症状が進んでいる場合は、飲み薬が必要になってきます。
髪の毛や服、化粧品や爪などが当たると、悪化させる場合があるので、触れることがないように注意が必要になってきます。

化膿にきびの治療

悪化したにきびとなりますので、自分で判断するのではなく、専門家の治療が必要になってきます。

結節性にきびの治療

血のめぐりが悪かったり、老廃物がたまっている場合によくおこるため、「冠元顆粒」などの血のめぐりをよくする薬や、「星火温胆湯」のように、痰や脂肪などの老廃物を体外に追い出す薬を一緒に服用すると効果的です。
医師の診察は必須です。